やおさか皮フ科クリニック|皮膚科 小児皮膚科 アレルギー 本郷三丁目 文京区

文京区本郷三丁目の皮膚科 やおさか皮フ科クリニック

文京区本郷三丁目の皮膚科 やおさか皮フ科クリニックの診療時間は(月・火・水・木・金)10:00~13:00 15:00~19:00  休診日:土曜・日曜・祝日

文京区本郷三丁目の皮膚科 やおさか皮フ科クリニックの電話番号03-3868-8088

文京区本郷三丁目の皮膚科 やおさか皮フ科クリニックはネットからの順番受付が可能です

「本郷三丁目駅」より徒歩1分

水痘

水痘(水ぼうそう)は、ウィルス感染で起こる皮膚疾患で、全身に3~5mmの赤い水疱があらわれます。

日本では乳幼児の時期に多くの感染者が出ていましたが、2014年より水痘ワクチンが定期接種になったため、今後は発症するお子様は少なくなっていくことが予想されます。

水痘の症状

水痘では以下の症状があらわれます。

  • かゆみを伴った赤い水疱
  • 発熱(人により発熱しない場合もある)

感染後、2~3週間程度の潜伏期間を経て、3~5mm程度の赤い水疱があらわれます。

発疹は時間をかけて赤み→丘疹→水疱→膿疱→痂疲と進行します。7~10日ほどで治ることが多いです。

水痘の原因

水痘(水ぼうそう)は、ヘルペスウィルスの仲間である水痘・帯状疱疹ウィルス(VZV)に初めて感染した際に起こります。

接触感染はもちろん、空気感染もしてしまうほど強い感染力を持っていて、マスクや空気清浄機でも感染を防ぐことは難しいとされています。

一度水痘にかかってしまえば、再び水痘になる可能性は低いです。

水痘の治療

VZVには高ウイルス薬(アシクロビル・バラシクロビル・ファムシクロビル)の投与が一般的です。

症状に応じて、発疹に対する塗り薬や、かゆみを抑える抗ヒスタミン薬などの飲み薬を処方します。

早期に治療を開始することで、発疹やかゆみ・発熱などの症状を軽減することができます。

帯状疱疹について

水痘が治まったあとも、水痘・帯状疱疹ウィルス(VZV)自体は神経を伝わって体内に残り、身体の免疫機能によって活動を抑えられています。

ところが、身体の免疫力低下などによって抵抗力が弱まると、VZVが再活性化して帯状疱疹が発症する場合があります。

帯状疱疹につきましてはこちらをご覧ください

こちらで患者様からのよくあるご質問をご紹介しております。

事前にこちらから問診票ダウンロードが可能です。院内での待ち時間短縮になりますのでご利用ください。

事前にこちらから問診票ダウンロードが可能です。院内での待ち時間短縮になりますのでご利用ください。

自費診療のご案内です

インスタグラムはじめました

コラム
アレルギー検査『View39』
お子様の皮膚のトラブルについて
アトピー性皮膚炎
いぼ・水いぼ
うおのめ
とびひ
じんましん
ニキビ
やけど
乾燥肌
巻き爪・陥入爪
虫さされ
単純ヘルペス
帯状疱疹
水虫
水痘(水ぼうそう)
ピアスの穴あけ
頭ジラミ

このページの先頭へ戻る