やおさか皮フ科クリニック|皮膚科 小児皮膚科 アレルギー 本郷三丁目 文京区

文京区本郷三丁目の皮膚科 やおさか皮フ科クリニック

文京区本郷三丁目の皮膚科 やおさか皮フ科クリニックの診療時間は(月・火・水・木・金)10:00~13:00 15:00~19:00  休診日:土曜・日曜・祝日

文京区本郷三丁目の皮膚科 やおさか皮フ科クリニックの電話番号03-3868-8088

文京区本郷三丁目の皮膚科 やおさか皮フ科クリニックはネットからの順番受付が可能です

「本郷三丁目駅」より徒歩1分

お顔のシミ・シワ

こんなお悩みはありませんか?

  • 顔のシミを消したい
  • シワが気になる

シミについて

シミはメラニンという色素が過剰に生成され、肌に現れることでできます。

シミになってしまう原因は紫外線が主ですが、そのほかにも老化やストレス、炎症、ホルモンバランスの乱れ、また肌への摩擦などの刺激など様々なことが原因となる場合があります。

シミの種類

シミといってもいくつか種類があります。

色味や大きさ、また治療法も異なりますので、自分で判断せずに医師の診察を受けるようにしましょう。

  • 老人性色素斑
    しみの中で最も代表的なもので、紫外線が原因となって発症するものです。
    大きさは米粒大のものから数cmのものまでさまざまで、境界がはっきりしていて、色は褐色です。
    老人性と名前にはありますが、40歳前後から増えてくるしみで、早ければ20代でも発生します。
    紫外線が原因ということで、日の当たりやすい頬骨などに現れやすいです。
  • 雀卵斑(そばかす)
    そばかすは、鼻を中心として茶色の小さな斑点がいくつも散らばるものです。
    これは遺伝的な要素が強いもので、いわゆるしみである老人性色斑と違って、子どものころから現れることが多いです。
    しかし、強い紫外線の影響で悪化することもありますので、注意が必要です。
  • 肝斑(かんぱん)
    肝斑は、頬骨や鼻の下、額などに左右対称のしみが発生するものです。
    30~40代の女性に多く、女性ホルモンの乱れや、紫外線が原因であると考えられています。
    妊娠中やピルを服用されている際にも発症しやすいものです。
  • 後天性真皮メラノサイトーシス
    頬骨を中心に現れるしみです。
    褐色もしくは青味がかった色をしていて、通常のしみにくらべると、より深い真皮に発生しているものです。
    肝斑に似ているのですが、しみよりもあざに近いものであるため、治療もある程度回数が必要になります。

シミに対する治療

  • 5%ハイドロキノンクリーム
    ハイドロキノンはシミをとるための美白外用液として有名で、メラニンを作り出すメラノサイトの数を減らす効果があります。
    したがって、シミを薄くする効果に加えて、シミの発生を予防する効果も期待できます。
    お肌のターンオーバーを促すトレチノインクリームと併用すると、より効果的です。
  • 美白内服薬
    シナール錠、トラネキサム酸、ユベラ
  • ケミカルピーリング
    皮膚表面に残った、古い角質層を取り去り、皮膚細胞に刺激を与えて新陳代謝(ターンオーバー)を促す治療法です。
    ピーリングを繰り返すことで正常なターンオーバーとなり、徐々に色が薄く目立たなくなります。

    詳細はこちらをご覧ください

シワについて

シミと並んで、女性の悩みで多いのが、シワです。

笑ったり泣いたり、表情を作る際に皮膚が動き、特に目元は皮膚自体が薄いため、シワができやすいです。

始めは小さなシワでも、それがだんだんと大きく深いものになっていきますので、早めのシワ対策が大切です。

シワの種類

  • 表情ジワ
    表情筋が動く際にできるシワで、笑ったり顔をしかめたりするとできます。年齢とともに戻る力が衰えますので、固定したシワとして残ります。
  • ちりめんジワ
    肌の表面にできるちいさく浅いシワのことです。目の下や目じりなど、目の周りに多く見られます。主に乾燥や紫外線、加齢が原因となります。
  • 真皮性シワ
    皮膚の深くまで刻まれたしわで、皮膚の溝です。こちらも原因は乾燥や紫外線、加齢による肌の弾力性の低下などです。
  • たるみジワ
    肌のたるみによってできるシワです。主に、加齢によって皮膚が垂れ下がることでできます。

シワの治療

  • トレチノインクリーム
    トレチノインはビタミンAの一種で、シミやシワなどのお肌のトラブルを改善する働きがあります。
    食物から摂取されるビタミンAよりもはるかに効果的に働くことが知られており、アメリカではシミやシワを改善する塗り薬として使用されています。
    紫外線などの作用により、肌の奥の真皮にあるコラーゲンなどが減ってしまうことで、肌の弾力が失われるとシワができやすくなります。
    トレチノインは、コラーゲンなどを作る細胞を元気にし、肌の弾力を高めます。各種濃度がございます。
    (注意点)
    妊娠中の方、授乳中の方、もしくは妊娠の可能性がある方は、トレチノインをお使いいただけません。
    肌荒れや赤みがでたり、刺激を感じることがありますので、ご使用前に医師から説明を受けてください。
    日中外出される場合は、必ず日焼け止めを使用してください。
    トレチノインは酸化されやすいため、時間がたつと効果が期待されにくくなります。
    保管方法や使用期限は医師の指示に従ってください。
  • ケミカルピーリング
    皮膚の古い角質を取り除く治療法です。 新しくきれいな肌の生成を促すことで、肌の若返り効果を期待できます。
    ピーリングによって保湿効果が得られるため、乾燥が原因となっている小さなシワの改善・予防ができます。

    詳細はこちらをご覧ください

価格

価格は税込みです。

相談料 300円(初回のみ)
初診料 3,300円
再診料 1,100円

美白外用薬

5%ハイドロキノンクリーム 5g 3,300円
0.025%トレチノインクリーム 5g 3,300円
0.05%トレチノインクリーム 5g 3,850円
0.1%トレチノインクリーム 5g 4,950円

美白内服薬

シナール錠 1箱 1,980円
トラネキサム錠 1箱 2,970円
ユベラ1箱 2,640円

症例紹介

こちらで患者様からのよくあるご質問をご紹介しております。

事前にこちらから問診票ダウンロードが可能です。院内での待ち時間短縮になりますのでご利用ください。

事前にこちらから問診票ダウンロードが可能です。院内での待ち時間短縮になりますのでご利用ください。

自費診療のご案内です

インスタグラムはじめました

コラム
舌下免疫療法
アレルギー検査『View39』
お子様の皮膚のトラブルについて
アトピー性皮膚炎
いぼ・水いぼ
うおのめ
とびひ
じんましん
ニキビ
やけど
乾燥肌
巻き爪・陥入爪
虫さされ
単純ヘルペス
帯状疱疹
水虫
水痘(水ぼうそう)
ピアスの穴あけ
頭ジラミ
多汗症
AGA(男性型脱毛症)
ケミカルピーリング
にんにく注射(ビタミン注射)
プラセンタ注射
お顔のシミ・シワ
お肌の美白治療
ボトックス注射
女性の薄毛治療(パントガール)
高濃度(10%)ビタミンC誘導体ローション

このページの先頭へ戻る