皮膚科 アトピー性皮膚炎 じんましん ニキビ 本郷三丁目 文京区

皮膚科の医療情報サイト

アトピー性皮膚炎

アトピー性皮膚炎とは、アレルギー体質の方の皮膚に、こすったり引っ掻いたりといった刺激が加わることで起きる、かゆみを伴う湿疹(赤くなる、細かいブツブツ)のことです。

症状は慢性的で、落ち着いたりひどくなったりを繰り返すことが多いです。

症状

アトピー性皮膚炎の症状は、乳児で2ヵ月以上、それ以外の場合は6ヵ月以上続くことが多いです(慢性・反復性)。

主に身体の下記の部分に左右対称で現れます。

原因

多くはアトピー性皮膚炎を起こす遺伝的な体質(アトピー素因:喘息やアレルギー性鼻炎・結膜炎・血清IgE抗体を産生しやすい、など)とされています。

幼少期に発症した場合は、成長するにしたがってだんだんと良くなっていく傾向がみられます。

治療

日常生活の中でできるスキンケア

まずは普段の生活の中で、皮膚を清潔に保つことが大切です。

皮膚は本来ウィルスや菌の侵入を防ぐためのバリア機能を持っています。

入浴時に石鹸でゴシゴシ洗ってしまうと、汚れを落とす他にこのバリア機能も弱めてしまいますので、身体を洗う際には刺激の少ない石鹸を手で泡立ててからやさしくなでるように行い、洗い終わったらよく洗い流してください。

また、爪を短く切り、掻きむしった際に皮膚が傷つかないようにしましょう。

お薬による治療

まずは自分にとって使用感の良い保湿剤を選び、スキンケアをきちんと行うことが大原則です。

アトピー性皮膚炎のお薬には、ステロイド系(発疹の程度により、様々なランクの薬があります)・非ステロイド系(タクロリムス軟膏やデルゴシチニブ軟膏など)の塗り薬、かゆみ止めの飲み薬があります。

他に、最近では生物学的製剤などの注射薬もあります。

患者様の症状や年齢に合わせて、最適なお薬をご提案させていただきます。